食育Food education

食材との触れ合いや、さまざまな体験・発見を通して食の大切さを学びます

味覚には甘味、酸味、苦味、塩味、うま味の五つの味があるといいます。大郷保育園では小さいうちから味覚を育てるためにうま味の一つである「だし」について学んでいます。かつおだしは削ることから、昆布だしは昆布を一晩水につけてみて、だしとして使われる食材の変化を確認したりにおいをかいだり、舌で味わって味の違いを知ったり、本物の味を五感を使って感じています。

また、地域の人と植えた野菜を育て、収穫を楽しみ、その後給食へ・・・自分たちで育てた野菜の味を堪能しています。また、たくさん収穫できた時は保護者の皆さんにもおすそ分けしています。「保育園の野菜だと食べるんです」といううれしい感想も聞かれます。

「赤、黄色、緑」に食べ物を分類し自分たちの体の中でどんな働きをしてくれるのか学んだり、食べるときのマナー、箸の持ち方なども一緒に学んでいます。

大郷保育園の食育:稲

大郷保育園の食育:クッキング
大郷保育園の食育:とうもろこし
大郷保育園の食育:稲
大郷保育園:食育
大郷保育園:食育

園の特色一覧に戻る