園長ごあいさつMessage

子ども達の「やってみたい」気持ちを大切にし、心身共に健全に育む

春は赤や黄色の色とりどりの草花が咲き乱れ、夏は新緑に包まれる。秋は鮮やかな紅葉が山々を染め、冬は、あたりを真っ白にしてしまう程雪が降り積もる。そんな季節を肌で感じながら、子ども達は日々たくさんのことを経験しています。広い園庭に出ると、思いっきり駆け出し、草原に虫を発見するとみんなに知らせて虫取りの始まり。子ども達の「やってみたい」気持ちを大切にし、心身共に健全に育んでいます。また、季節の移り変わりに気付いて教えてくれたり、体調の悪いお友達を気遣ったり、時にはケンカもしてしまいますが最後はお互いに「ごめんなさい」をして仲直りができる。そんな人とのかかわりの中で、自分の考えをしっかり話せ、人の意見も聞ける子。そんな生きる基盤を乳児期、幼児期からしっかり育み、無限に広がる子供たちの将来に十分力を発揮できることを目標に日々保育にあたっています。
保育園という初めての集団生活の中で、不安なことも多々あると思いますが、安心・安全な保育が提供できるよう、役員、職員一生懸命保育をさせていただきますのでよろしくお願いします。

大郷保育園 園長

社会福祉法人みらい 大郷保育園
園長 鎌田 真智子

園の特色一覧に戻る